現在地

二十四節気一覧

二十四節気(にじゅうしせっき)は、1太陽年を日数(平気法)あるいは太陽の黄道上の視位置(定気法)によって24等分し、その分割点を含む日に季節を表す名称を付したもの。二十四気(にじゅうしき)ともいう。二十四節気は、その年によって1日程度前後することがある。太陰太陽暦において月名を決定し、季節とのずれを調整するための指標として使われる。分割点には12の節気と12の中気が交互に配され、各月の朔日(1日)が対応する節気前後になるように月名を決める。実際には月中に次の中気が含まれるように決める。例えば雨水が含まれる月を「正月」と決めると元日の前後半月以内に立春があることになる。中気が含まれない月が現れた場合には閏月が設けられる。ただし、定気法においては例外の処理が必要となる。特に重要な中気である夏至・冬至の二至、春分・秋分の二分を併せて二至二分といい、重要な節気である立春・立夏・立秋・立冬を四立、二至二分と四立を併せて八節という。

id 二十四節気名 ひらがな 季節 節月 和風月名 節気 太陽暦の日付 太陽黄経 節気名の意味
1 立春 りっしゅん 一月 睦月 正月節気 2月4日 315°

寒さも峠を越え、春の気配が感じられる

2 雨水 うすい 一月 睦月 正月中気 2月18日, 2月19日 330°

陽気がよくなり、雪や氷が溶けて水になり、雪が雨に変わる

3 啓蟄 けいちつ 二月 如月 二月節気 3月5日, 3月6日 345°

冬ごもりしていた地中の虫がはい出てくる

4 春分 しゅんぶん 二月 如月 二月中気 3月20日, 3月21日

太陽が真東から昇って真西に沈み、昼夜がほぼ等しくなる

5 清明 せいめい 三月 弥生 三月節気 4月4日, 4月5日 15°

すべてのものが生き生きとして、清らかに見える

6 穀雨 こくう 三月 弥生 三月中気 4月20日 30°

穀物をうるおす春雨が降る

7 立夏 りっか 四月 卯月 四月節気 5月5日, 5月6日 45°

夏の気配が感じられる

8 小満 しょうまん 四月 卯月 四月中気 5月21日 60°

すべてのものがしだいにのびて天地に満ち始める

9 芒種 ぼうしゅ 五月 皐月 五月節気 6月5日, 6月6日 75°

稲や麦などの(芒のある)穀物を植える

10 夏至 げし 五月 皐月 五月中気 6月21日, 6月22日 90°

昼の長さが最も長くなる

11 小暑 しょうしょ 六月 水無月 六月節気 7月7日 105°

暑気に入り梅雨のあけるころ

12 大暑 たいしょ 六月 水無月 六月中気 7月22日, 7月23日 120°

夏の暑さがもっとも極まるころ

13 立秋 りっしゅう 七月 文月 七月節気 8月7日, 8月8日 135°

秋の気配が感じられる

14 処暑 しょしょ 七月 文月 七月中気 8月23日 150°

暑さがおさまるころ

15 白露 はくろ 八月 葉月 八月節気 9月7日, 9月8日 165°

しらつゆが草に宿る

16 秋分 しゅうぶん 八月 葉月 八月中気 9月23日 180°

秋の彼岸の中日、昼夜がほぼ等しくなる

17 寒露 かんろ 九月 長月 九月節気 10月8日, 10月9日 195°

秋が深まり野草に冷たい露がむすぶ

18 霜降 そうこう 九月 長月 九月中気 10月23日, 10月24日 210°

霜が降りるころ

19 立冬 りっとう 十月 神無月 十月節気 11月7日, 11月8日 225°

冬の気配が感じられる

20 小雪 しょうせつ 十月 神無月 十月中気 11月22日, 11月23日 240°

寒くなって雨が雪になる

21 大雪 たいせつ 十一月 霜月 十一月節気 12月7日 255°

雪がいよいよ降りつもってくる

22 冬至 とうじ 十一月 霜月 十一月中気 12月22日 270°

昼が一年中で一番短くなる

23 小寒 しょうかん 十二月 師走 十二月節気 1月5日, 1月6日 285°

寒の入りで、寒気がましてくる

24 大寒 だいかん 十二月 師走 十二月中気 1月20日, 1月21日 300°

冷気が極まって、最も寒さがつのる